指先からの微量採血で
生活習慣病・がんリスクをチェック

病院と同等の検査が
自宅で手軽に行えます。

  • 指先からの採血量は、一般採血の150分の1(0.065cc)。
  • 医療機関と同等の検査精度。
  • 自己採血が不安な方もサポートセンターにてフォロー。

ご利用の流れ

自己採血の流れ

取扱説明書に従って、自己採血を行います。
自己採血に不安がある方は「デメカルサポートセンター」へ
フリーダイヤルにて随時ご相談いただけます

↓自己採血の手順(動画)はこちら↓

製品ラインナップ

  • メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック

    メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック

    メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック

    内臓脂肪型肥満によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

    そのメタボリックシンドロームのチェックに加えて、生活習慣病もチェックできる新商品。

    腹囲測定用メジャーも付いています。
    定期的かつ継続した血液チェックをお勧めします。

    検査項目

    • 栄養状態検査:総タンパク(TP)、アルブミン(ALB)
    • 肝機能検査:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
    • 脂質検査:総コレステロール(TC)、HDL-コレステロール(HDL-C)、LDL-コレステロール(LDL-C)、中性脂肪(TG)
    • 腎機能検査:尿素窒素(BUN)、クレアチニン(CRE)
    • 痛風検査:尿酸(UA)
    • 糖検査:血糖(GLU)、ヘモグロビンA1c(HbA1c)

    価格

    7,700円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

  • 生活習慣病+糖尿病セルフチェック

    生活習慣病+糖尿病セルフチェック

    生活習慣病+糖尿病セルフチェック

    生活習慣病の中でも特に糖尿病に焦点を当て、ヘモグロビンA1cを追加した商品です。

    ヘモグロビンA1cは2~3ヶ月の血糖値を反映するといわれており、糖尿病のよりよい指標とされています。
    糖尿病、またその予備軍は成人の5人に1人の割合で、年々、増加傾向にあります。

    定期的かつ継続した血液チェックをお勧めします。

    検査項目

    • 栄養状態検査:総タンパク(TP)、アルブミン(ALB)
    • 肝機能検査:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
    • 脂質検査:総コレステロール(TC)、HDL-コレステロール(HDL-C)、中性脂肪(TG)
    • 腎機能検査:尿素窒素(BUN)、クレアチニン(CRE)
    • 痛風検査:尿酸(UA)
    • 糖検査:血糖(GLU)、ヘモグロビンA1c(HbA1c)

    価格

    7,370円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

  • 胃がんリスクチェック(ABC分類)

    胃がんリスクチェック(ABC分類)

    胃がんリスクチェック(ABC分類)

    現在、国内の死亡原因の1/3が悪性新生物(がん)によるものです。

    胃がんは、がん部位別死亡順位では女性では1位、男性は2位となっています。
    しかし、早期発見できれば5年生存率が90%と高く、早期発見・早期治療が重要だと言われています。

    胃の調子が気になる、検査をしたいけど時間がない、バリウムは苦手。
    胃カメラはちょっとこわくて・・・そんな方に自宅でできる胃がんリスクチェックをお勧めします。

    <胃がん発生リスク分類> 参考

    • ※A群:胃がんのリスクはほとんど見られない状況です。
    • ※B群~D群:内視鏡検査等の適切な精密検査と治療を行うことが推奨されています。
    • ※ピロリ菌除菌治療を過去に受けたことがある方は、ABC分類上「E群」に分類されます。除菌により胃がんになるリスクは低くなりますが、ゼロになるわけではありませんので、除菌後も経過観察が必要です。

    検査項目

    • ピロリ菌抗体
    • ペプシノゲンⅠ Ⅱ

    価格

    9,900円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

  • ピロリ菌検査

    ピロリ菌検査

    ピロリ菌検査

    現在、国内の死亡原因の1/3が悪性新生物(がん)によるものです。

    胃がんは、がん部位別死亡順位では女性では1位、男性は2位となっています。
    しかし、早期発見できれば5年生存率が90%と高く、早期発見・早期治療が重要だと言われています。

    胃の調子が気になる、検査をしたいけど時間がない、バリウムは苦手。
    胃カメラはちょっとこわくて・・・そんな方に自宅でできる胃がんリスクチェックをお勧めします。

    検査項目

    • ピロリ菌抗体

    価格

    7,260円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

  • がんリスクチェッカー 男性向け

    がんリスクチェッカー 男性向け

    がんリスクチェッカー 男性向け

    “がんリスクチェッカー 男性向け“は、「p53抗体」と、「PSA」を組み合わせて検査します。

    「p53抗体」検査は、2007年11月に厚生労働省において大腸がん、食道がん、乳がんの診断に保険適用が認められた腫瘍マーカーです。
    また、「PSA」は、近年急上昇している男性特有の前立腺がんのチェックに有効です。

    p53抗体では臓器特異性が低いこともあり、陽性時は全身のスクリーニングが必要です。
    年齢・性別からある程度高発部位を推定して精密検査を行う必要があるため、結果が陽性の場合は医療機関での総合的な検査を受診されることをお勧めいたします。

    血液検査だけではがんの発見・診断・部位の特定はできませんが、がんリスクのひとつの指標としては有効ですので、定期的ながん検診を受診するキッカケとしてください。

    • ※腫瘍マーカーが基準価以内の場合では、がんの可能性が低いと判断されます。ただし、がんの可能性を完全に否定できないこともあります。

    検査項目

    • p53抗体
    • PSA(前立腺がん)

    価格

    12,100円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

  • がんリスクチェッカー 女性向け

    がんリスクチェッカー 女性向け

    がんリスクチェッカー 女性向け

    “がんリスクチェッカー 女性向け“は、「p53抗体」と、「CA15-3」を組み合わせて検査します。

    「p53抗体」検査は、2007年11月に厚生労働省において大腸がん、食道がん、乳がんの診断に保険適用が認められた腫瘍マーカーです。

    「CA15-3」は乳がんに特異性の高い腫瘍マーカーとして利用されています。初期の乳がんではほとんど陽性を示しませんが、ステージが進んでいる場合、転移性乳がんの場合に陽性率が高くなります。再発や内部転移にも反応するため、手術後の経過観察に有用です。
    また、p53抗体と組み合わせることで精度が向上するとされています。

    p53抗体では臓器特異性が低いこともあり、陽性時は全身のスクリーニングが必要です。
    年齢・性別からある程度高発部位を推定して精密検査を行う必要があるため、結果が陽性の場合は医療機関での総合的な検査を受診されることをお勧めいたします。

    血液検査だけではがんの発見・診断・部位の特定はできませんが、がんリスクのひとつの指標としては有効ですので、定期的ながん検診を受診するキッカケとしてください。

    • ※腫瘍マーカーが基準価以内の場合では、がんの可能性が低いと判断されます。ただし、がんの可能性を完全に否定できないこともあります。

    検査項目

    • p53抗体
    • CA15-3(乳がん)

    価格

    12,100円(税込)

    この製品のご注文・お問い合わせ

指先からの微量採血で
生活習慣病・がんリスクをチェック